命の終わり方

いつか必ず訪れる永別は突然来るものだよ

意向確認

嫁の兄が病院に到着した。
おばあちゃんは彼と嫁の実母。
普段は他県に長期出張中の義兄がこの日はたまたま帰京していた。
嫁からの連絡を受けて、日曜日の早朝に病院に駆け付けたのだ。

嫁が義兄に対して一通りの説明をする。
久しぶりに再会する兄妹が互いの実母の今後について話していた。
お寺やお墓の話、葬儀の段取りなど、えげつない話のオンパレードだ。
おばあちゃんは盆暮れ正月にはこの義兄と二人でお墓参りをしていた。
もうずいぶん前に他界したおじいちゃん(おばあちゃんの夫)のお墓参りだ。
お世話になっているお寺もある。

嫁はおばあちゃんが亡くなったときの段取りは義兄に任せているつもりだったらしい。
いわゆる「意向の確認」というやつで、主に下記のようなことを本人の存命中に取り決めておく手続きだ。

  • 訃報を知らせる人(知らせない人)
  • 葬儀に対する本人の希望
  • 遺品・形見分け
  • 財産・相続

しかし義兄は何も準備をしていなかった。
嫁の期待とは裏腹に義兄は無為だったわけだ。

私としては「ま、そりゃそうだろうな。」という感想だった。
義兄がだらしないというより、そんなもんだよ。普通は。
義兄の頼りなさと今朝からのドタバタに、一段とヒステリックになっている嫁が怖い。。。。

高齢者の「もしも」は突然来る。
預貯金の管理、生命保険の受け取り、仏壇の世話はどうするのか、そして何よりおばあちゃん本人はどんな最期を望んでいるのか?
考えたくはないが、不幸にも亡くなってしまったときの段取りは、おばあちゃん本人が元気なうちに準備して置かなければならないのだ。

病院の控室に来てから既に2時間は経っていたが未だに病院側からの説明は無かった。
嫁と義兄の話し合いに自分が口を挟むのも憚られるし、居場所を失くした私は病院を出て付近の散策を始めた。
大きな駅の近くにあるその病院の敷地を出ると、休日の早朝を満喫する人々が大勢いた。
病院近くの繁華街を1時間ほど散策したころ、医師からの説明があるという連絡が嫁から入った。

広告を非表示にする